老け顔にサヨナラ!ほうれい線を消す3つの方法

表情筋を鍛えてたるみを改善

口元の筋肉は、様々な表情筋と繋がっています。そのため口を動かす事で、あらゆる表情筋を鍛える事が出来るのです。そして次に重要となる筋肉は頬を引き上げる働きをする小頬骨筋であり、ここの筋肉が衰える事により頬がたるんでしまいほうれい線が出来やすくなってしまうのです。他にも口角を引き上げる筋肉の大頬骨筋とあごの骨と口輪筋をつないでいる頬筋、口角を横に広げる働きをする笑筋を鍛える事が、ほうれい線を解消するために必要です。

代謝を良くして、コリやむくみを解消しよう!

ほうれい線が出来てしまう原因の一つに、コリやむくみがあります。これらを解消するためには、体温を上げて体の中の代謝を良くし、血行を促進する事がとても重要です。特にデスクワークが多い人などは、同じ姿勢のまま長時間座っているため、体の中の血流が悪くなりがちです。まずは正しい姿勢を心掛けて、時々ストレッチをするなどをして体を動かすようにしましょう。またむくみを予防するためにも、水分やアルコールの飲み過ぎには注意が必要です。コリやむくみを感じた場合には、マッサージなどをして解消するのも一つの方法です。

肌が老化しないようにする事が大切

肌の老化は、ほうれい線を作る原因ともなります。そのため肌が老化してしまうのを予防する必要があります。まず一番に注意しておきたいのが外出する際の紫外線対策です。紫外線は肌の奥深くまで入り込んでしまうと、弾力を保っている成分が破壊してしまたり、メラニン色素が過剰に沈着してシミを作ってしまう事もあります。そうならないためにも、外出する際には日傘や日焼け止めを使用するようにしましょう。そして年齢を重ねる事によって失われていく肌の成分を積極的に補う事も重要なポイントになります。食事などで心掛けていくのも大切ですが、化粧品などにも肌が必要とする成分が含まれている物もありますので毎日のスキンケアに取り入れていく必要があります。

品川美容外科の提訴まとめサイト